技術翻訳で業務を円滑にする|専門業者に依頼しよう!

海外工場への指導

ノートとペン

しっかりとした手順

海外に工場を展開して行く場合、基本的には日本の本社の指導を展開させていく必要があります。当然、現地の風習であったり、その土地独特の文化を受け入れながら運営することは必要ですが、最も大事な部分については、しっかりと伝達してく必要があります。最初のうちは、現地指導者に日本人の指導経験者を赴任させておくことを前提としますが、時間とともに、現地のスタッフに引き継いでいくことで、より活性化が期待できます。その過程では、しっかりと指導の基になるものを準備する必要があります。特に、マニュアルについては、必要不可欠なものといえます。口頭指導だけでは十分でないことも、マニュアルに記載し、常に省みることができる状態にしておく必要があります。

実績のあるところへ

当然、日本で使用しているマニュアルを使用する場合には、現地の言葉に翻訳する必要があります。この翻訳作業は、会社で雇った日本語検定1級といった資格を持った人に行わせることもよいですが、十分に注意をする必要があります。というのも、業界ごとの言葉を知らない場合、その翻訳内容が十分に機能しない場合があるからです。その雇っている通訳の翻訳の精度が高いことを確認するまでは、実績のある外部の翻訳業者に確認してもらっておくことも一つの方法です。同じマニュアルを社内、業者へ同時に依頼しておくこともよい方法で、正確に情報を伝えることの重要性を考えた場合、こういった伝わる努力はいくらしてもやりすぎ、ということはありません。